語学学校ニュース

【ウィンブルドン・スクール・オブ・イングリッシュ】夏休み留学しませんか?ジュニア(11~16歳)向けサマースクールのお知らせ

2018年1月12日

イギリスの数ある語学学校の中でトップレベルと評されているウィンブルドン・スクール・オブ・イングリッシュ(Wimbledon School of English)。今年の夏も、11~16歳の子どもたちを対象としたサマースクールプログラムを開講します。1週間からのコース参加も受け付けているので、イギリス観光のついでに夏休み語学留学はいかがですか?

ジュニア向けのサマースクールが行われるのは、ロンドン郊外にあるLord Wandsworth College。のどかな田園地帯にあるこのボーディングスクールでは、イギリスの雰囲気をたっぷり味わいながら英語を学べます。ロンドンやオックスフォードまでは約1時間と、アクセスもばっちりです。

サマースクールの詳細

コース期間:2018年7月8日~8月11日(1週間から参加可能。最大5週間まで)
コース開始日:毎週日曜日(コース終了日は毎週土曜日)
滞在施設:学生寮
(毎日3食付き、シングル、ツイン、3人部屋、4人部屋から選択可能、テレビやゲームができる共有スペースやミニキッチンあり、無料WiFi完備)

サマースクールの特徴

  • クラスは少人数制平均10名、最大14名まで)
  • 国際色豊かな環境(2017年度は、25か国以上から生徒が参加)
  • 週18時間の授業(週12時間の一般英語クラス、残り8時間はいくつかのオプションから自身で選んだワークショップに参加。イギリスのポップカルチャーやファッション、映画制作やSNSについて学べるクラスのほか、ディベートやプレゼンテーション、ライティングスキルを習得できるクラスもあります)
  • ケンブリッジ英検(FCE)を受ける機会あり
  • 週2回ペースで行われるプチトリップへの参加(例:ロンドン、オックスフォード、ストーンヘンジ、ウィンチェスターなど)
  • 平日の夕方に行われるアクティビティへの参加(例:宝探し、映画観賞会、ファッションショー、タレントショー、インターナショナルパーティなど)
  • 週4回ペースでスポーツをしたり、イギリス文化を楽しめるアクティビティに参加可能(例:サッカー、テニス、バスケットボール、水泳、卓球、料理、演劇、チェス、クラフトなど)
  • 敷地内の屋内プールやサッカー場、テニスコート、体育館、劇場などが利用可能

ウィンブルドン・スクール・オブ・イングリッシュについて

ロンドン南西部の高級住宅地ウィンブルドンに校舎を構えるウィンブルドン・スクール・オブ・イングリッシュは、1964年創立の老舗語学学校です。ブリティッシュカウンシルの審査において、15ものカテゴリーで高評価をマークしており、非常にクオリティの高い学校として知られています。詳細はこちらの特集記事をご覧ください

1週間から気軽に参加できるサマースクール。学校の夏休みを利用して、語学留学してみませんか?ウィンブルドン・スクール・オブ・イングリッシュ(Wimbledon School of English)にご興味を持った方、イギリスに語学留学をしたい方は、SI-English留学コンサルタントにお問い合わせください。語学留学のご相談は無料で承っております。

無料コンサルティングを予約する

SI-Englishの経験豊富なコンサルタントが、皆さまの語学留学をサポートいたします。

© SI-English | All rights reserved | Privacy Policy